Batuque(バトゥーキ)
今年初の録音は、Ernest Nazareth(エルネスト・ナザレー)のBatuque(バトゥーキ)です。

1901年作曲。ナザレーの作品の中では、曲の構成も大掛かりで聴き応え十分です。ブラジルの著名な作曲家エンリケ・オズワルドに献呈されました。打楽器を連想させる左手のリズムに乗せて、イントロを経て低音域からのじわじわとした盛り上がりを感じていただけたらと思います!


【2017/02/08 00:30】 | You Tube | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ご来場ありがとうございます♪
16299521_1405523192812832_4685387585671503455_n.jpg
先日のレギュラーライブより。
私が座っても退かないニャンコ。。。音が鳴り始めるまで、鎮座してました(笑)

お運び下さいました皆様、ご来場誠にありがとうございます。一部、二部とも先月に引き続きパンデイロの佐々木さんと共にお届けする事が出来ました。二人で「こうして・ああして」を形にしている最中ですが、この過程が楽しいのであります。

さて、ライブの数日前が、アントニオ・カルロス・ジョビンの誕生日でした。生きていれば90歳、そういえばジョビンが好きなあの方は、お元気かな・・・と考えていたご本人が、美味しいパンのお土産片手に久しぶりにお越しくださってびっくりしました。しかも、リクエストを頂いていた曲をはじめ、多めに彼の作品を弾くつもりだったのでナイスタイミングでした♪

Eu não existo sem você、Luiza、他ソロで弾きましたが、ジョビンの曲は本当に美しいですね。前後の年代のコンポーザーの作品も彩り豊かで民族色も濃く魅力的ですが、特にジョビンの作品は歌ものをインストにしても色褪せないなぁと感じます。


13689759_1210009292364224_1706720416_n.jpg
2月のアリワレギュラーライブは、2/24(金)です。
お待ちしております♪
【2017/02/01 02:19】 | ライブ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アリワレギュラーライブ
1/27(金)は、アリワレギュラーライブでございます!
今年も月に一度、アリワで色々と挑戦していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

さてここ数日、かなり冷え込みも厳しくなって参りました。猫もきっと丸くなっていることでしょう。こんな寒い日は、美味しいコーヒーの他に、チャイや温かいフードなどもいいですね!皆様のお運びをお待ちしております♪

アリワレギュラーライブ 1/27(金)
1st 18:00/2nd 20:00(MC各1,000円 要オーダー)
【alikwa アリワ】
福岡市西区小戸3-40-8 
092-882-8822

【2017/01/22 19:38】 | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ショーロだめしvol.6 まとめ
1/12は、ゲストに熊本尚美さんをお招きしてショーロだめしvol.6でした。
年明けの暖かい気温から急に冷え込んで、びっくりしましたね。

16118447_1386998761331942_1050159578_n.jpg
差し入れた縁起の良さそうな「ラッキーチェリー豆」をお茶うけに、それぞれ少し緊張した面持ちでスタートしました。

まず、尚美さんのフルートと私のピアノで演奏を。後ほどひかえていた合奏でも取り上げたLamentosや、フルートとピアノ用に編曲(by熊本尚美)された数曲をお聴きいただきました。(楽しかったです・・・)

16118642_1386998677998617_1928952465_n.jpg
続いて、ご用意していただいたテキストを使ってショーロとはなにか&歴史を、そして映像で現地の様子や「Casa do Choro」のことを垣間見せていただきました。導入編ということでかなり端折ってお話いただいたはずなのですが、明解で楽しい説明に参加された皆さんもイメージがクリアになりました!と仰る方が多かったです。

「分かりやすくする事」は非常に高度な技術がいる事ですが、ショーロを全く知らない方にも気軽にお越し頂きたい・・・と始めたショーロだめしなので禁止事項のなるべくないように、勉強会でないようにという結構無理難題を尚美さんにはお願いしました。おかげさまで、私もたくさん確認させていただく事がありました。ありがとうございます!


16111629_1386998534665298_988372881_n.jpg
合奏では、いつもより踏み込んで【曲の成り立ちを知る=魅力的な演奏】につながる話を交えながらのアドバイスを頂きました。理論的なことの難しさはあっても、耳や感覚を目一杯使って「場を読む」ことはだんだん慣れてくると思います。そういった意味で、ある曲を全員共通の認識で演奏したときの一体感、この日は一番感じられたのではないでしょうか。

16118416_1386998754665276_235419343_n.jpg
ぴりりと引き締まった空気の中にも、楽しい!が散りばめられた6回目でした。
何よりも自分の課題がはっきりとまた明確になったこと、やりたい事は何か、見えてきました。日々こつこつと、積み重ねて行きたいと思います。

16117998_1386998637998621_190354243_n.jpg
余談ですが・・・私がとっても大好きなブラジル人ピアニストHercles Gomes氏のCDを、なんとサインつきで「お土産よ~♪」といただきました。もう、感激しすぎて目がまん丸だったと思います(笑)ほんとにほんとに、ありがとうございます!

【2017/01/16 00:47】 | ショーロだめし | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
利きハンマー
15895221_1382367735128378_1798144185111713026_n.jpg
本日は、早朝より調律師の越智さんに調律とメンテナンスをお願いしました。
ご存知の方も多いかもしれませんが、音合わせの際に使用するハンマーによっては音色がガラッと変わるんですねー。





というわけで、利き酒ならぬ利きハンマータイムがありました。写真のハンマーは、越智さんが所有されている中のほんの一部でこの中から一番音色の幅が広い一本を選びました。ピアノとの相性など等、諸条件でどのハンマーが適しているか違ってくるそうなので、奥が深いです。

アクションからペダルの調整まで、ともかく丁寧にしていただきました。
年明け早々気持ちよく弾けます。ありがとうございます!


#越智ピアノ調律技術研究所
【2017/01/11 12:06】 | ピアノ教室 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ