ショーロトリオ
8月31日は、大阪の「CHOVE CHOVA」さんでショーロのトリオライブでした。
メンバーは、寺前浩之さん(バンドリン)、山田裕さん(7弦ギター)、そして岸本麻子(ピアノ)。これまで、なかなか他楽器の中ピアノでのショーロの参加の機会がなく念願の、でした。

写真 1(1)
こだまで参りました。

5時間ちょっと、な、長い・・・けれど安いですねw
6:30頃出発して、11:00過ぎに新大阪到着。3泊4日お世話になる、やーそ邸へ。

ご飯を食べて、リハをして、ご飯を食べて、音楽の話をして、アドバイスを受けて・・・というような一日目でした。なかなか教わる機会の無い、あの名曲のコードの手直し&弾いて貰って帰ってからの復習用に動画に収めて^^

写真 2(1)
やーそ氏に買ってもらった酎ハイを、やーそつまみに飲む大阪編。

翌日は、寺前さんもご到着されて昼過ぎからしっかりリハ。
今回のプログラム編成では、それぞれのデュオも総当たり&トリオでした。

写真 4(1)
リハの途中、お忙しい合間を縫ってパーカッショニストの浜野徳次郎さんが会いに来てくださいました♪短い時間でしたが、ラテンのお話も伺えて楽しかったです。ありがとうございます!

さて、本番には、福岡で仲良くさせていただいている方がお友達とおいでくださったり、毎回大阪に伺うたびにお世話になっている方々と久しぶりに再会できたり、本当に嬉しい限りでした。

大まかな曲目の提案は私からしましたが、「ショーロをよくご存知の方々の前で、その名曲を弾く意味合い」そんな事を考えながら、やーそさんが中心にプログラム~それぞれの曲の構成を練ってくださいました。観せるということのパターン、ともすれば固定化して、いつの間にか自分中心になりがちですが・・・ご一緒していつもハッとさせられるのは、この構成能力の高さと普段の自分、若しくは自分の知っている目線と違った角度を提示される瞬間ですね。本当に勉強になります。



「精度の高い事をしているけれど、それは本当にクリエイティブな事か?」



この滞在中で、一番大きな問いかけでした。もちろん私の精度は、まだまだですが(汗)
そして振り返ってみても、課題がザクザク宝の山。。。そして、確認出来てよかった事もたくさんありました。

そして、こちらもまたお忙しいバンドリン奏者の寺前さん。初めは、ギターとピアノデュオの予定で色々ご相談に乗っていただいておりましたが、その流れでなんとご一緒させていただけることになりました。静かに、こちらの話をいつも聞いてくださって的確なアドバイスを頂いています。本当にありがたい存在です。

先輩方の、出来る人の力を借りられるときは、大いに借りる。けれど、現状を前進させる原動力は自分にしかないわけで、ソコのところ気を引き締めていこ!と改めて思いました。

写真 4(2)
おつかれさまでした♪


写真 3(1)
終演後、お客様でお越しくださったクラシックギタリストの岩崎慎二さんの演奏をみんなで楽しむ図。ありがとうございます!

写真 5
トールさんお手製のフェイジョアーダ!
めっちゃ美味しかったです♪おかわりしましたっ。

写真 2(2)
カナミさんとトールさんと。
今回も大変お世話になりました!!
関連記事
スポンサーサイト
【2014/09/07 15:17】 | ライブ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<そして、大阪ホーダ♪ | ホーム | 涼しいですねー!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://miniyz.blog68.fc2.com/tb.php/796-e3ecfd85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |