ご来場ありがとうございました!!
おかげさまでコンサートPIANOⅡへお越しくださった皆さま、誠にありがとうございました

今回ふくふくプラザという場所を選んだ理由として、ハンディを持った方も又もちろんそうでない方にも、気軽におこし頂きたいということで通常のクラシックより少しカジュアルな設定のプログラム&流れにしてみました
その一環として、普段は見ることの出来ないピアノについての舞台裏を、調律師の越智さんより開演前にレクチャーしていただきましたこれは、アンケートでもなかなか好評でした

さて、一部は増井以卓さん&下薗朗子さんによるピアノソロと連弾のステージこれは、私も客席で聞きたかったな~

070701_2326~0001.jpg

増井さんの繊細かつ艶やかで温かい音色、そして下薗さんの何があってもブレないダイナミックさは聴き応え充分だったでしょう!

そして二部は、私たち「en」のトリオステージ
070701_2325~0001.jpg

今回、ステージの上からお客様にアプローチする際の距離感を意識してみましたが、「一体感」はこれからの課題ですね

それから、今回の演目では本当に勉強させてもらいましたメンバーの二人にも、です自分の「今」は、色んな角度や人を通して見えてくるものどうもありがとう

最後に、舞台裏を支えてくださった調律師の越智さん、古川さん、後藤さん、PAの江島さん、譜めくり&受付嬢をして下さった安部さん、主催の大久保さんどうもありがとうございましたお陰さまで安心してステージに上がることが出来ました心より御礼申しあげます
070701_2248~0001.jpg

関連記事
スポンサーサイト
【2007/07/02 00:31】 | 演奏会 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<7月のライブスケジュール&今日の出来事 | ホーム | 6月27日>>
コメント
ご来場ありがとうございます
 当日の出演者各位様、そしてここをご覧の皆様、まずは足を運んでいただいたことに感謝したします。
Project Shamrock主催の大久保です。

岸本嬢の記事にあったように、当初の目的は、施設の意味合いを生かした利用で、高齢者でも、いかなる条件の方々でも、気兼ねなく足を運べる会場の選定、それが最優先課題でした。結果、幾人かですが、その旨の方々にご来場いただけたことは、まことに感謝しております。この施設は、発表会で使用される頻度は高いものの、演奏会とした場合、入場者の制限が薄いところを利点にしたかったわけですが、如何せん、発表会の印象が強すぎるしか、ここであっても足を踏み入れにくいようです。リハーサル中は、あえて若干の音が洩れるような環境でしたので、ロビーで音を聞かれていた方々も少なからずいらっしゃったようですが、もしお気づきならご意見をいただけると幸いです。

 反面、通常の演奏会を期待された方には、若干裏切った形になったのでしょうか?
ですが、このプロジェクトを立ち上げた当初からの目的の一つに「音楽とは、音とは、万人が受け入れてしかり。選民主義的なものを藝術評価したくは無い!」というのは私個人の希望でした。ですから、今回の最初のレクチャー、意外に思われた方も多かったと思いますが、アンケートの表には思いのほか好印象感想が述べられてました。また、このレクチャーを誰にでも頼めるわけではなく、越智氏の人柄とセンスを織り込んだ上のお願いであって、通常の演奏会で、しかも調律後のピアノの移動がどれほどのリスクを生むか?その辺は携わったものであれ、暴挙と言われても仕方が無かったかもしれません。出演者共々、かなりのハンディーを埋めつつ、ステージを作ってくれたことにはただただ、感謝の言葉しかありません。

 知る、知らない、では知ることで次回に生かせる何か?それが芽吹くのは随分と先の事かと思います。でも覚えておいてくれたなら、それが一番嬉しい事です。

 次回、この種の企画はしばらくお休みします。おそらく、次回のステージは、本来の古巣メンバーの出演による娯楽で原点に戻る事と思います。その折はまた、ブログ等でお知らせいたしますので、興味がある方はぜひお立ち寄りください。


 それでは、また。 
【2007/07/02 01:08】 URL | 大久保 徹 #mQop/nM.[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://miniyz.blog68.fc2.com/tb.php/70-847d406c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |