久留島武彦記念館へ
大分県玖珠町に、この四月「久留島武彦記念館」が設立されました。
久留米大学公開講座でいつもお世話になっている狩野啓子氏にお誘いいただき、記念館のイベントに少しだけ参加してきました。

久留島武彦氏は、児童文学者で日本のアンデルセンとも呼ばれ、ボーイスカウトの礎を築いた方としても知られています。また「継続は力なり」など、普段何気なく使っている言葉の生みの親でもあると知り親近感がわきました。


20170903160543b30.jpg
この日のメインのひとつは、松下隆二氏のギター演奏。
なんと二台持ちかえでの贅沢なプログラムでした。

ほか、地元の方による語りや、紙芝居、風土記を読み込んでみる…というバラエティーに富んだイベントとなりました。

20170903160541242.jpg
記念館の玄関は、こんなに賑やか♪
幅広い年代の方の興味を引くような建物の造りだなと感じました。沢山の方に訪れて頂きたいですね!


20170903160546b31.jpg
伐株山。
滞在中は快晴で、いい景色を楽しませてもらえました。


2017090316054446d.jpg
打ち上げでいただいた地元の方ご推薦のちゃんこ、とっても美味しかったです。
シメのうどんのコシがまた!(笑)

20170903160543c4f.jpg


201709031605492c8.jpg
バスの時間まで道の駅でくつろいで、旅情を味わう。
いい夏休みとなりました。

今年度の久留米大学公開講座もまもなく始まります。
特別公開講座は、えーるピア久留米大ホールにて10/1(土)です。こちらのホールコンサートへは、どなた様もご参加いただけます。筑後の文学や歴史に触れられる企画となっております。ぜひ!
スポンサーサイト
【2017/09/03 16:52】 | 旅♪ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ホーダに来ると聞いて・・・
先日、福岡でも行われたホナウド・ド・バンドリン来日ツアーの一環として、大阪CHOVE CHUVAではWS&ホーダ・ヂ・ショーロがありました。

その内容の充実度は、参加した方々の素晴らしい感想を読んで一目瞭然だったのですが・・・その後のとある投稿で、「毎週恒例のホーダにホナウド来るってよ。」の一言。。。ちょっと考えましたが、またとないこの機会を逃すわけにはと思い、サクッと荷物を持って新幹線に乗って大阪へ。

20614019_1606099319421884_97217201_n.jpg
こうなったら楽しみましょう!と旅情満載の車内。
でも大雨で、一足遅かったら新幹線が運休に入るところだったのでラッキーでした。


20543899_1403947492993503_7025064739693501838_o.jpg
チェックインを済ませて、ショビにつくと皆さん目が点w
そりゃそうだ。

20545427_1403947562993496_4359263081486484744_o.jpg
こちらは、楽譜なしのホーダが基本です。
ポルトガル語と弾ける曲&弾けない曲(覚えられていない曲)の中で、目の回るような展開にドキドキしっぱなしでした。

なかでもソリストに対して、ある程度形式的なパターンの伴奏だけでなく、「返事をするように」掛け合っている場面を目の当たりにしてやっぱりホーダは面白い!と思いましたし、楽譜を手放したからこその生きた音楽だと改めて感じました。

20479435_1403947756326810_4565605949968935897_n.jpg


20451753_1403947312993521_6169970818723983008_o.jpg
途中からは、彼の提示する曲(あまり聞いたことがない)や、ささっとホーダ前に書いてくれた課題曲に皆でついていくスタイルに変わっていきました。もっと弾いて、吹き続けて、そこの刻みは・・・、きめは、など視線で演奏でもちろん言葉でも要求されます。もう脳内フル回転です。



20448914_1403947799660139_6541723811340352881_o.jpg
あっという間に時間が経ち、0時を回るころようやくお開きとなりました。
貴重な体験と濃い時間に、ただただホナウドに祥子さんに感謝です!そして行かせてくれた家族にも感謝です!


20562956_1606085502756599_606193803_n.jpg
最後に。突然伺いましたが、いつもと変わらずあたたかく迎えてくださってありがとうございます!やっぱりショビは最高♪
ホナウドにも、「10月そちらへ行きますから、また会いたいです。」とお伝えして見送りました。

素晴らしい7月の締めくくり&8月のはじまりでした!
【2017/08/02 00:20】 | 旅♪ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
吾野にて
東京二日目は、吾野のナイスバーベキューガーデンにておとなのBBQ大会。
専用の会場では何年ぶりか。。。わっくわくで到着。

14191730_1248348348530318_999476976_o.jpg
怪しい雲行きだったものの、すっかり晴れ間が出て全員ビックリ。途中降ったりやんだりでしたが、屋根つきだったので快適に過ごせました。

14233714_1248347785197041_257752291_o.jpg
ギタリストのマルセロ氏が、最後まで腕を振るってくれましたがピッカーニャは圧巻!

14191813_1248347915197028_512443901_o.jpg
火加減、塩加減、さすがにバッチリでした♪

14215603_1248348255196994_813481731_o.jpg
お肉も盛りだくさんの他、エビやサンマにアジ、サザエと豪華なラインナップ。

14123420_10154481430358200_301501373_o.jpg
ありがたいことに、ほぼ食べ係でしたw

14233696_1248348285196991_144368117_o.jpg
〆は、バンドリンの寺前さん特製塩焼きそば。
黙々と焼き上げてくださった一品、すごくいい塩梅でした。

しっかり6時間食べて(川で)遊んで、秩父の高台にあるホテルへ。ベランダからの眺めが最高で、部屋の浴室もとっても広く贅沢でした♪昼間しっかり食べ過ぎて、夜はあっさりと眠りにつきました。。(笑)

つづく
【2016/09/03 21:30】 | 旅♪ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
9月に入りました。
九月になった途端に、秋に向かって準備し始めているかのような空模様の福岡です。
今月は、久留米大学特別公開講座としてえーるぴあ久留米での演奏や、Dualis鍵ハモDuoライブ、ショーロだめしの練習会、アリワレギュラーライブ、リハもちょいちょい。。。と盛りだくさんでございます。

9/16えーるぴあ久留米のホールコンサートでは、筑後川における文学と音楽をテーマに今年もお届けする予定です。入場無料&申し込み不要となっておりますので、どうぞお気軽においで下さいませ♪
久留米大学公開講座一覧はコチラから♪



さて。

8月末は、夏休みと称しましてどーんとスケジュールを空けて東京へ行ってまいりました。
出会いと再確認とリフレッシュ、充実した滞在となり感謝感謝であります。

一日目は、クラシックギタリストの尾野桂子さんと。今年3月のお仕事の時や、4年前?の大雪の日などいつも力になってくださるのに、ゆっくりお会いする機会が無かったので是非にとお願いしました。


14163686_1248347261863760_1413270958_o.jpg
尾野さんといえば、こちら。おのくんとは、東松島の復興を願って生まれた靴下を使って生まれた人形です。
今も地道に、おのくん普及の活動をされています。レギュラーサイズのおのくんは、すでに我が家にいるので今回はちびおのくんを頂きました♪
http://socialimagine.wixsite.com/onokun


14191754_1248347251863761_1340556920_o.jpg
移動開始。お昼ごはんは、「中華料理 二葉」でラーメン。(と決めていた。)
やっぱり美味しかったです♪

続いて、何かとご縁のある代田橋「Chubby」でお茶をして、あれやこれや会話もはずみました。人生の先輩でありますが、共感するところも多くとても楽しい時間をご一緒できました。他ハーモニカ横丁探索や、古書店などとにかくたくさんお付き合い頂きました。尾野さんありがとうございます!


夜は、Copo do diaの伊藤さんご夫妻の元へ合流。翌日のBBQ開始時間がとても早かったので、前乗りしました。
14203504_1248347385197081_340964611_o.jpg
ちょうど西荻女子大通りの夏祭りでしたが、「東京音頭」を久しぶりに聴けて感激。子供の頃の記憶で、盆踊りと夏祭りはこのBGM&光景なのです。懐かしすぎて、雨の中じっくり見物したのでありました。

14233456_1248347581863728_642852102_o.jpg
伊藤さんのご厚意で、お夕飯ご一緒させていただきました。
おいしかったー!奥に写るライスボールは、ギタリストのマルセロ氏作。これまた絶品。

翌日からのBBQについては、また次回。。。つづく

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2016/09/02 13:48】 | 旅♪ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
杣の里をたずねて
今年9月、久留米大学公開講座でご一緒させていただいた詩人の椎窓猛氏をたずねて、山峡の地矢部村へ先日お邪魔してきました。秋も深まり、紅葉もちらほらとうかがえましたが、まだまだ暖かくふしぎな気候でした♪


12212134_1048785535153268_2113746012_n.jpg
福岡市から高速を使って1時間半、ご自宅の前でなんと椎窓氏ご本人からお出迎えいただきました。
下から見上げた別宅の書斎は、趣があります!

12231548_1048785545153267_1536147504_n.jpg
玄関へ入る前の通り道には、直筆の詩が掲げられています。

若かりし頃のお話、それから矢部村の水は今以上にとても綺麗で澄んでいた事や、間伐材として植樹された杉の木についてのあれこれなど興味深いお話をたくさんお聞かせいただきました。講座の時にも感じたのですが、とにかくお話が面白くて楽しいです。こんな学校の先生なら、さぞ授業も楽しかっただろうなと思いました。

また、そんなに本がお好きなら・・・と、ご著書の中から数冊賜りました読んだ事のない御本も頂けて、テンションも上がり盛り上がってきたところで、地域の旧中学校を利用した資料館の見学、そして以前から興味津々だった「鯛生金山」をご案内いただけることに。

12063788_1036523813054177_4602066116723312072_n.jpg

12065734_1036523833054175_40227759732138930_n.jpg
東洋一と呼ばれた鯛生金山、3~40分かけて坑道を回りますが中々見ごたえがありました!
明治27年の発見から、1974年の閉山までの約80年間どんなドラマが繰り広げられたのかしらとワクワクしました。

11221279_1036523933054165_3816688892422600822_n.jpg

12189845_1036523936387498_5015751594206046896_n.jpg

12063336_1036523773054181_8951632393643788418_n.jpg
出口で記念に一枚♪



12025418_1048785508486604_1836825950_n.jpg
帰りには、併設されたレストランにておそばを頂きました。
普通の蕎麦なのですが。水が良いからでしょう、やはり美味しかったです!


12212257_1048785495153272_1955132251_n.jpg
せっかく来たなら、秘境の水を汲んでかえりなさい。。。とアドバイスいただきまして。椎窓ご夫妻のご協力を頂き、美味しい水のお土産まで♪キリッとした、クリアな口当たりの水質でお茶やご飯を炊くのに重宝しております。

ご縁を頂き、とても楽しい時間をご一緒する事が出来て至福のひと時でございました!
ありがとうございます!
【2015/11/08 20:07】 | 旅♪ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ